エネルギーに関するご相談ならお気軽にどうぞ

0120-653-363

受付時間 9:00~17:30 / 担当:高橋(土日祝除く)

相談料無料! 24時間365日いつでもメールで受付
【相談料無料!】ミカド電装商事の太陽光発電設備メンテナンス
2017年4月1日より太陽光発電のメンテナンスが義務化になりました。

知らないうちに発電量が下がっていませんか?

発熱量が下がる5つの要因

下記症状に1つでも当てはまるものがあれば今すぐチェック

発電量が下がっていると感じたら今すぐご相談を

お電話でのご相談は、0120-653-363

お問い合わせはこちら

実は太陽光発電は充分な発電量を得るために定期的なメンテナンスが必要です

一般社団法人 太陽光発電検査協会(PIA)会員の
ミカド電装商事はメンテナンスの専門家による安心の対応で
充実したメニューをお客様のニーズに合わせてご提案いたします。

万全状態をキープする6つの点検サービス

太陽電池モジュール
・目視にてモジュールの状態をチェック
・専用の機器を使い、発電能力を測定
接続箱
・端子台のネジのゆるみの有無
・配線・アース工事の不具合
・サビ・汚れの有無
・接続箱内の浸水の有無
パワーコンディショナー
・通気の状況
・周囲の見通し
・目視にてモジュールの状態をチェック
・異常音・振動・異臭の有無
・破損・変形の有無
・サビ・汚れの有無
パワーコンディショナー運転
・正常動作確認
・自立運転の動作確認
電気測定
・太陽光電池解放電圧
・接地抵抗
・絶縁抵抗
パワーコンディショナー
・瞬間発電電力

太陽光発電のメンテナンスについて詳しく知りたいと思ったら今すぐご相談を!

お電話でのご相談は、0120-653-363

お問い合わせはこちら

改正FIT法について・2017年4月1日より太陽光発電のメンテナンスが業務化になりました。

再生可能エネルギー措置法(旧FIT法)の改正に伴って、2017年4月月より新しい「固定価格買取制度」がスタートしました。
「改正FIT法」と呼ばれる制度変更によって、太陽光発電を設置済みの人も、これから設置する予定の人も、新しく手続きや義務が発生します。

気を付けるべきなのは
手続きや義務を怠った場合、認定が失効売電できなくなる可能性があることです。
また、保守点検および維持管理の「計画」や「責任者」を取り決め、「標識」として一般に公開されることとなり、これらを遵守しなければFIT認定が取り消される可能性があるため、今後メンテナンスが必須となりました。

【長期間メンテナンスをしていない時の注意点】
メンテナンスをせずにそのまま使用を続けているお客様がいらっしゃるかと思いますが、その場合、
発電効率が下がると気づかないうちに年間何十万円にも及ぶ発電損失が発生する可能性があります。

改正FIT法について詳しく知りたい方は今すぐご相談を

お電話でのご相談は、0120-653-363

お問い合わせはこちら

メンテナンスは太陽光発電設備のプロにお任せください!

太陽光発電の劣化診断には専門的な知識が必要となります。

ミカド電装商事(株)執行役員 上席エネルギーコンサルタント 
表 伸也 が診断致します。

取得資格 太陽光設計士1級  
第1種電気工事士 / 第1級電気工事施工管理技師 
監理技術者 ・第2種電気主任技術者  
エネルギー管理士 / 蓄電池設備資格者

プロの技術者が安全確実に行います!

エネルギーコンサルタント

上席エネルギーコンサルタント 表 伸也

太陽光発電のメンテナンスのお申し込みはこちらから 24時間365日いつでもメール相談無料

お問い合わせフォーム

※必須の項目は必ず入力してください

お名前(全角)※必須
例)電装 太郎
会社名(全角)※必須
例)ミカド電装商事株式会社
電話番号(半角)※必須
例)022-256-8191
メンテナンス先の郵便番号 ※必須
例)984-0051
メンテナンス先の住所 ※必須 都道府県


市町村

例) 仙台市若林区新寺

丁目番地・建物名

例) 3丁目4-30

メンテナンス場所名

例) 〇〇ビル 電気室

メールアドレス ※必須
例)taro@mikado.co.jp

お問い合わせ内容