アクセス解析 チリ共和国で大規模リチウムイオン蓄電システムが竣工

チリ共和国で大規模リチウムイオン蓄電システムが竣工

チリ共和国コクラン石炭火力発電所

リチウムイオン蓄電システムの全景
(出典:GSユアサ)

株式会社 GSユアサのリチウムイオン蓄電システムが、チリ共和国「コクラン石炭火力発電所※1」に納入され、2017年1月に竣工しました。 このリチウムイオン蓄電システムは、株式会社 リチウムエナジー ジャパン製のリチウムイオン電池セルで構築されており、最大出力は20MWです。同発電所の発電能力の一定量を瞬時に出力するための運転予備用として設置され、発電所を支えていきます。

リチウムイオン電池セル
(出典:GSユアサ)

この納入は、商業ベースで世界最大級の蓄電システムに、日本製のリチウムイオン電池が採用された初めての事例です。 今回のように発電所の予備電力、あるいは再生可能エネルギーの増加に伴う電力系統の安定化対策として、大型リチウムイオン電池が担う役割は今後さらに大きくなるものと期待されています。

GSユアサでは長年の経験に基づく技術力とリチウムエナジー ジャパンの量産技術を融合させながら、世界的なクリーンエネルギーへのシフトを今後も支えていくそうです。


※1 チリ共和国で発電容量第二位の発電事業者であるAES Gener社(社長:Javier Giorgio、本社:チリ共和国サンティアゴ市)と三菱商事株式会社(社長:垣内 威彦、本社:東京都千代田区。以下、三菱商事)が同国北部第Ⅱ州メヒジョネス郊外に建設した発電容量net 47.2万kW / gross 53.2万kWの発電所。




※感想をお聞かせください
  • 面白かった(0)
  • 参考になった(0)
  • 仕事に役立つ(0)
  • 普通(0)
  • 面白くなかった(0)


※このサイトは東北七県の蓄電池設備・電源システムで未来に貢献する
GSユアサ代理店「ミカド電装商事」がお届けしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする