アクセス解析 仕事の小道具④「放射温度計」(非接触/ガンタイプ)HIOKI FT3700

仕事の小道具④「放射温度計」(非接触/ガンタイプ)HIOKI FT3700

バックアップ電源・太陽光・エネルギーマネジメントのミカド電装商事


こんにちは。東北7県の産業用蓄電池をカバーするGSユアサ代理店「ミカド電装商事」です。



この記事をお届けしている「電源バックアップとエネルギーマネージメント」のミカド電装商事はこちら

仕事の小道具 第4回 は「放射温度計」です。

この記事をお届けしている「東北7県の電源バックアップシステムとエネルギーマネージメントをサポートするミカド電装商事」はこちら

放射温度計はレーザーを利用して、離れたところから対象物の表面温度を測る、非接触型の温度計です。蓄電池の寿命は温度に大きく左右されるため、作業時は必ず温度を計測して、過充電・過電圧の有無や環境温度を確認します。

特に温度の影響を受けやすいのが、制御弁式鉛蓄電池(シール型)ですが、制御弁式鉛蓄電池(シール型)は電解液が流動しない構造のため(液状になっていない)、液式電池とも呼ばれるベント型のように、電解液の温度を直接測ることができません。そのため、放射温度計が大いに役立っているというわけです。

残念ながら取材した日は、社内に使用済みの制御弁式鉛蓄電池(シール型)がなかったため、今回は倉庫にあった大型車両用蓄電池を見本につかい、当社若手ホープのXさんに実演していただきました。(使用機材は日置電機のHIOKI FT3700

放射温度計は蓄電池の表面温度だけでなく、離れた位置にあるエアコンの吹き出し口や、触れると危険の恐れがある配電盤のブレーカや稼働中のモータの温度など、遠隔箇所や危険個所の温度の測定によく使われています。

※詳しい使い方はメーカーの動画をご覧ください。




※感想をお聞かせください
  • 面白かった(0)
  • 参考になった(0)
  • 仕事に役立つ(0)
  • 普通(1)
  • 面白くなかった(0)


当社PR





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする