2017.5.31
【GSユアサ ニュースリリース 2017年5月31日掲載】自動車エンジンスタート補助用電源「PT1000L」を新発売  ~高品質リチウムイオン電池内蔵、ロードサービスに最適~

株式会社 GSユアサ(社長:村尾 修、本社:京都市南区。以下、GSユアサ)は、自動車のバッテリーが上がった場合などに使用する12V鉛バッテリー専用のエンジンスタート補助用電源「PT1000L」を6月1日に発売開始いたします。
車両の高性能化に伴いバッテリーの重要性が高まるにつれ、車載バッテリーへの負荷はこれまで以上に大きくなっています。長期放置、過放電などにより増加するバッテリートラブル対応のため、ロードサービスの現場においてエンジンスタート補助用電源は必要不可欠なアイテムです。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.gs-yuasa.com/jp/newsrelease/article.php?ucode=gs170510084724_371

2017.5.31
【GSユアサ ニュースリリース 2017年5月31日掲載】釧路町トリトウシ原野太陽光発電所に蓄電池容量6,750kWhのリチウムイオン電池システムを納入 ~太陽光発電の出力変動緩和に貢献~

株式会社 GSユアサ(社長:村尾 修、本社:京都市南区。以下、GSユアサ)は、釧路町トリトウシ原野太陽光発電所に、蓄電池容量6,750kWhのコンテナ式リチウムイオン電池システムを納入し、4月3日に運用を開始しました。北海道電力管内において初の国産リチウムイオン電池を使用した蓄電池併設型メガソーラーとなります。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.gs-yuasa.com/jp/newsrelease/article.php?ucode=gs170513050929_374

2017.5.26
【勉強会開催】エネルギー効率を最大化する~ 省エネ・創エネを活用した利益向上術

この度、『省エネ・創エネを活用した利益向上術』のセミナーを開催いたす事となりました。
<趣旨・目的>
電気代が不安定、省エネ基調、ピークカット自体にあまり注力していないために、
結果、エネルギーの無駄遣いになっている企業が多いです。
それは企業および社会にとって重要な課題であり、早急に解決していく必要があります。
本勉強会では、エネルギーを効率的に使っていくための手法を勉強していただきます。
*勉強会の内容*
①冷房の設定温度を上げたら、コストが増えた?!
②電力と電力料金の基本をおさえて賢くコストカット
③省エネ・創エネを活用した電力料金削減法
④まちがいだらけの設備投資と投資価値判定
☆チェックしてみてください☆
□省エネに興味はあるが、何から手をつけてよいかわからない
□やっても効果がないと思ってあきらめている
□電力のピークカットをしたいけど、やり方がわからない
上記チェックに2つ以上該当する企業様
はぜひお越しください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.mikado-d.co.jp/lp
【2】開催概要 
と  き  平成29年6月21日(水) 14:00~15:20
と こ ろ TKP仙台カンファレンスセンター 3階
      〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-2-3
      (当日連絡先:ミカド電装商事株式会社 ℡ 022-256-8191)
講師    ミカド電装商事㈱
       執行役員工務部長 表 伸也
     <プロフィール>
      大手通信会社のエネルギー管理士として、大規模データセンター等の
      エネルギー管理業務に長年携わり、数多くの電力設備・空調設備等の
      省エネ実績を持つ。近年では、太陽光発電設備の設計・施工等創エネに
      関する実績も豊富な、エネルギーマネジメントのエキスパートである。
受講料   無 料(当日レジュメを配付いたします)
定 員   20名 (定員になり次第、締め切らせて頂きます)
お申込方法 下記URLより申込ください。
お申込期限:6月19日(月)
☆★当日スケジュール★☆
13:30受付開始
14:00講演
15:00質疑応答
15:20解散
15:20個別相談(希望者のみ)
詳細・申し込みはコチラ
https://www.mikado-d.co.jp/lp

2017.5.22
メールマガジン配信しました。

今月(67号)のバックアップ情報は
1.デンキのお仕事
   ~記録が会社を守る車両管理システム~(ミカド電機/後編)~
2.今月の家電ヒストリー
   ヘアドライヤー ~”モテる”ためには数十年~
3.今月の雑学
   アジサイの真価は真花でわかる?
4.スタッフコーナー
   ただいまワタシのお気に入り「漫画を読むこと」
5.ミカド電装のワンポイント解説
   GSユアサが100周年を迎えます
最新のバックナンバーはコチラ
https://www.mikado-d.co.jp/m-online/
PDFで過去記事をご覧頂くこともできます~!
レターマガジン(PDF)

2017.5.11
【GSユアサ ニュースリリース 2017年5月11日掲載】東京都交通局様向け 産業用リチウムイオン電池搭載電源装置26セットを受注

 株式会社GSユアサ(社長:村尾 修、本社:京都市南区。以下、GSユアサ)は、東京都交通局様から産業用リチウムイオン電池搭載の電源装置26セットを受注しました。東京都交通局様の鉄道通信機器をバックアップする電源装置にリチウムイオン電池が初めて採用された案件で、都営地下鉄三田線の各駅および車庫に設置され、2017年8月より順次運用される予定です。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.gs-yuasa.com/jp/newsrelease/article.php?ucode=gs170510235409_365

2017.5.10
社長ブログ更新しました。

社長ブログ更新しました。
皆様ぜひチェックしてみてください。
ムダを減らして 無駄創り

2017.4.28
環境省よりCO2削減ポテンシャル診断機関として採択されました。

ミカド電装商事㈱が昨年同様、今年度も環境省の「平成29年度CO2削減ポテンシャル診断推進事業」の診断機関として採択されました。
本事業は、年間CO2排出量が50トン以上3,000トン未満の日本国内の工場及び事業場等の事業所にCO2削減ポテンシャル診断を行う専門機関(診断機関)を派遣し、設備の導入状況、運用状況、エネルギー消費状況を踏まえ当該事業所において適用可能な具体的なCO2削減対策提案を提案する事業です。
審査に通れば、エネルギー使用状況の現状確認から適用可能な具体的なCO2削減対策(省エネルギー対策)までの提案を全額補助金(最高100万円)で受ける事が出来ます。
是非この機会に、エネルギーの見える化と省エネルギー対策を検討、応募されてみてはいかがでしょうか?
なお、診断機関(エネルギー使用状況の確認や諸施設提案をする調査事業者)は受診事業者(お客様)が選定した上で応募することになっておりますので、ミカド電装商事㈱をご指定頂ければ幸いです。
平成29年度CO2削減ポテンシャル診断推進事業
公募期間:平成29年5月1日から平成29年5月31日まで
応募対象:民間企業、独立行政法人、一般社団法人、自治体他
補助金交付額:最高100万円
詳細はこちら
https://www.lcep.jp/h29/potential/koubo.html
診断機関リストはこちら
https://www.lcep.jp/h29/shindankikan/koubo.html
お問い合わせはこちら
https://www.mikado-d.co.jp/inquiry/

2017.4.24
メールマガジン配信しました。

今月(66号)のバックアップ情報は
1.デンキのお仕事
   ~ エコな時代に求められる高性能のカーバッテリー(ミカド電機/前編)~
2.今月の家電ヒストリー
   エレキギター(2) ~ハワイアンがナウかった~
3.今月の雑学
   三度目の正直だった仙台青葉まつりの歴史
4.スタッフコーナー
   ただいまワタシのお気に入り「音楽をヘッドフォンで聴く」
5.ミカド電装のワンポイント解説
   ~仕事の小道具「相回転計」(検相器)
最新のバックナンバーはコチラ
https://www.mikado-d.co.jp/m-online/
PDFで過去記事をご覧頂くこともできます~!
レターマガジン(PDF)

2017.4.21
29年度 ゴールデンウイークのお知らせ

拝啓
貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別
のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
ゴールデンウイーク期間中の営業につきまして、カレンダー通りとさ
せて頂きますので、ご高承のほどお願い申し上げます。
(週休二日制のため、土曜日もお休みとさせていただきます。)
ご迷惑をおかけすることがあるかと存じますが、何卒宜しくお願い致
します。
敬具
ゴールデンウイーク休業日 5月3日(水)~ 5月5日(金)
29年度 ゴールデンウイーク.pdf

2017.4.19
平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 (CO2削減ポテンシャル診断推進事業)公募説明会のお知らせ

平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(CO2削減ポテンシャル診断推進事業)について、以下の日程で説明会を開催いたします。
この説明会は、CO2削減ポテンシャル診断事業及び低炭素機器導入事業(第1次公募)の同時開催となります。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://lcep.jp/briefing/h29/briefing_201704hojo.html

  • ミカドオンライン
  • 太陽光発電設備メンテナンス
  • 電力マネージャーについて
  • 補助金対象 蓄電システム
  • 協業パートナー企業募集
  • 無償点検サービス
  • LEGA
  • 社長ブログ
  • メールマガジン