メルマガ156号 エネルギーマネジメント中学入試問題クイズ「北海道のクリーンエネルギー」(回答)2019年 金光八尾中学校

(このページは当社のメールマガジン ミカドONLINE にて連載している「中学入試に出たエネギーマネジメントの問題」の回答を掲載しているページです。)

問題
北海道では自然の力を利用した環境にやさしいクリーンエネルギーの開発が進められています。次の文章が説明している発電方法を何といいますか?そのよび名を(ア)~(エ)より1つ選び、記号で答えなさい。
「山に囲まれた内陸部より、海沿いの土地や広い平野でさかんに行われています。発電するときに二酸化炭素を出さないことと、昼でも夜でも発電できることが利点ですが、天候によってはまったく発電できなくなることが欠点です。」
(ア)太陽光発電
(イ)地熱発電
(ウ)風力発電
(エ)バイオマス発電

(金光八尾中学校 2019年)

回答はここをクリック

答えは ”昼でも夜でも発電できる”「ウ」の風力発電 です。

🔽北海道の主な風力発電の分布は以下をご覧ください
日本における風力発電設備・導入実績(北海道)(2018年3月末現在)/NEDO

(問題出典:四谷大塚ドットコム中学入試過去問データベース)

👈 前の問題 次の問題 👉

全問題はこちら
メルマガ登録はこちら

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)