若者用語の基礎知識「無理」と言わずに「ムリゲー」※アンケートも募集中!

trim_若者用語の基礎知識アンケート

「無理ゲー(ムリゲー)」とは

みかドン ミカどん

こんにちは。おじさんのための”若者用語の基礎知識”です。今日のお題は「無理ゲー」です。

無理ゲー(ムリゲー)とは、難易度が高すぎて「クリアするのが無理なゲーム」を指す用語です。

上記のような意味から、ゲーム以外の実生活でも環境的・物理的・状況的に解決が難しかったり、実行が困難な場合にも使われています

使用例としては、主に以下のような表現が使われます。

  • さすがにそれは無理ゲー
  • 就職するとか無理ゲー過ぎ
  • 初心者には無理ゲー
  • 6時起きとか無理ゲー

要するに、普通に「無理」と置き換えてなんら支障はない言葉なのですが(笑)あえて「ムリゲー」というところが若者独特の言い回しであり、それによって同世代感覚を共有しているとも思われます。

ツイッターでは以下のようなつかわれ方をしていましたよ!

♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

ニックネーム(任意)



当社PR





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする