単位の歴史(28)~1光年の星の光は1年前の光~

1光年=約9兆5000億km

光年は天文学で用いられる距離(長さ)の単位です。非SI単位ですが特定の恒星までの距離を表すときなど、宇宙の距離を示すのによく使われていますよね。

皆さんご存じのように1光年は光が1年間に進む距離ですが、1秒で地球を7回半も回ってしまう光の1年分って、いったいどのぐらいの距離なのでしょう?

1光年をkmで表すと 1光年=約9兆5000億km です!こういったスケールの大きな単位に置き換えないと、宇宙の距離は天文学的な数字になってしまうため、星を語るには便利な単位かもしれません。

光ではあまりに現実感がないので、これを新幹線に換算してみると、なんと新幹線が約361万年かけて進む距離だそうです。なんだか余計にピンときませんね^^

このぐらい気の遠くなる距離になると、長さだけでなく時間のことも念頭に入れなければならくなります。

たとえば1光年の距離にある星を見ている場合、その光は1年前に発せられた光であるということです。なのでその星がもうなくなっていても、それは1年後にならないとわからないということになります。

ちなみに身近な月や太陽でも少しの時間差があり、月は約1.3秒、太陽は約8分前の光を見ていることになるそうです。

光年という単位はドイツのウレが初めて使用

光年(英: light-year、独: Lichtjahr)という言葉を最初に使ったのは、自然科学の普及で知られるドイツの作家、オットー・エドゥアルト・ヴィンツェンツ・ウレ(1820 – 1876)です。

ウレはDeutsches Museum: Zeitschrift für Literatur, Kunst u. Öffentliches …, Volume 1(ドイツ博物館:文学、芸術、公的生活のための雑誌。)の人気天文記事の中で光年という単位を始めて使いました。

ウレは大学で神学や数学や自然科学を学んで修士号を取得し、授業を担当したこともありますが、その後はフリーランスの作家として活動し、雑誌なども創刊しました。

ウレの前にもドイツの数学者で天文学者のフリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル(1784 – 1846)が、はくちょう座61番星までの距離を、「光が1年間に通過する距離」の10.3倍(最新の観測では11.4光年)であることを見いだしていますが、単位として使ったわけではないようです。

光年は英語で「light-year」ドイツ語でも「Lichtjahr」なのでどこに行ってもそのまま直訳されるようです。(ミカドONLINE編集部)


引用/参照記事 「1光年」て実際どのくらいなの?新幹線で旅してイメージ! など

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする