アクセス解析 (4)限界はもっと先にある

(4)限界はもっと先にある

バックアップ電源・太陽光・エネルギーマネジメントのミカド電装商事



阿部クンが行くキャラクター.jpg

「自分の限界って、自分が思うもっと先にあるんだ…」そう思えた大会が、岩手県で開催の「いわて銀河100Kmチャレンジマラソン」でした。

朝4時にスタートして、制限時間である14時間以内にゴールを目指します。当然ですが、100kmってとても長いです。30~40km辺りからは完走できるのかというプレッシャーに、中盤はリタイアしちゃおうかという誘惑に負けそうになり、後半は早く終わりたいという気持ちだけで走ったり歩いたりを繰り返して、結局制限時間ギリギリの13時間57分21秒でゴールしました。

一番感動したのは、80kmくらいの辛い地点で、コース上に私設エイドを提供してくれていたサークルの仲間が手を振る姿が見えた時。涙が溢れそうになりました。ゴール後は万感の涙…はなく、「終わった…」の一言(笑)でも自分の限界に挑戦できる良い機会なので、マラソンする方もしない方もぜひチャレンジしてほしいと思います。走った感じからすると、フルマラソンを完走できれば100kmも大丈夫かと。年々参加者も増えているようですので、定員に達する前に思い切って参加してみてはいかがでしょうか。大会の様子は以下の動画をご覧ください。※ちなみに動画に映っているのは私ではありません(笑)

第11回いわて銀河100kmチャレンジマラソン(いわて元気TV)


—読者アンケート—





※感想をお聞かせください
  • 面白かった(0)
  • 参考になった(0)
  • 仕事に役立つ(0)
  • 普通(0)
  • 面白くなかった(0)


当社PR





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする