宇宙でもがんばれ!GSユアサのリチウムイオン電池「みちびき2号」に搭載

GSユアサグループの株式会社 ジーエス・ユアサ テクノロジー(GYT)製の宇宙用リチウムイオン電池が、2017年6月1日に国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構の種子島宇宙センターから打ち上げられた、三菱電機株式会社製の「みちびき2号機」(準天頂衛星)に搭載されています。

「みちびき2号機」搭載リチウムイオン電池「LMG100」(三菱電機殿認定品)

準天頂衛星とは、地球上で特定の地域の上空だけを周回する人工衛星です。この準天頂衛星は米国のGPS衛星と一体利用することで、山間地や都市部のビル街でも高精度で安定した衛星測位サービスを実現し、実用化が期待される自動車の自動走行システムや測量、地震や火山の検知など、広範囲な用途への活用が見込まれています。

GYT製の宇宙用リチウムイオン電池は、2000年代初頭に軌道上での宇宙実証が行われて以降、130機以上の国内・海外の宇宙機に搭載されてきました。その実績が評価され、現在運用中の「みちびき」(準天頂衛星初号機)に続いて、「みちびき2号機」および「みちびき3号機・4号機」にも採用されました。

宇宙でも持ち前の高性能を発揮して、ぜひ頑張ってほしいですね!

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする