メルマガ161号 エネルギーマネジメント中学入試問題クイズ「国連と地球環境問題」(回答)2020年 桜丘中学校

(このページは当社のメールマガジン ミカドONLINE にて連載している「中学入試に出たエネギーマネジメントの問題」の回答を掲載しているページです。)

問題
国際連合と地球環境問題に関する説明文として正しいものを1つ、ア~エから選びなさい。
ア.国際連合の本部はスイスのジュネーブにあり、日本は東京オリンピックが開催された1964年に加盟が認められました。
イ.国際連合の安全保障理事会は、アメリカ、イギリス、ドイツ、ロシア、中国の5常任理事国と10か国の非常任理事国から成っています。
ウ.地球を取り巻くオゾン層が破壊されると、生物に有害な紫外線が太陽から直接降り注ぐため、フロンガスの製造は禁止されました。
エ.自動車は工場の排出ガスには雨を強い酸性にする物質が含まれており、酸性雨が続くと北極や南極の氷がとけて地球温暖化が進みます。

(桜丘中学校 2020年)

回答はここをクリック

答えは ”ウ”です。

「ア」は、日本の加盟は1956年なので間違い
「イ」は、ドイツは常任理事国ではなくフランスが常任理事国なので間違い
「エ」は、地球温暖化の原因は酸性雨ではなく温室効果ガスなので間違い

(問題出典:四谷大塚ドットコム中学入試過去問データベース)

👈 前の問題 次の問題 👉

全問題はこちら
メルマガ登録はこちら

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)