ミカド電装商事:今月の省エネ補助金情報(2022.6月)

公募中の省エネに関する補助金を掲載しています。詳しくは当社までお問い合わせください。

0120-653-363「環境・エネルギー部まで」

令和3年度補正予算
二酸化炭素排出排出抑制対策事業費等補助金

(ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業)

公募期間 2次 5月16日~6月15日
3次 6月20日~7月29日
リンク https://www.eic.or.jp/eic/topics/2022/st_r03c/001/
リンク https://www.env.go.jp/guide/budget/r04/r04juten-sesakushu/1-1_03.pdf
自家消費型の太陽光発電設備、特に蓄電池を併設する場合に有利な補助金です。(PPAモデル、リース、購入に対応)

令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金

(グリーンリカバリーの実現に向けた中小企業等のCO2削減比例型設備導入支援事業)
公募期間 7月8日~8月5日
令和4年3月25日(金)~同年5月6日(金)※先着順、約300件で終了
リンク https://www.env.go.jp/press/110709.html
本事業は、新型コロナウイルス感染症禍を乗り越えて脱炭素化に取り組む中小企業等に対し、CO2削減量に応じた省CO2型設備等の導入を支援することで、企業の新たな設備投資を下支えし、電化・燃料転換も促進しながら、我が国の持続可能で脱炭素な方向の復興(グリーンリカバリー)を促進するものです。※ただし、過去に環境省で実施した診断事業で得た診断報告書が必要となります。(2022.5.18追加)

SHIFT事業

・計画策定支援事業 令和4年4月13日~6月20日 終了
・設備更新補助事業 令和4年4月13日~5月20日 終了
リンク https://shift.env.go.jp/offering/2022
SHIFT事業は、工場・事業場での脱炭素化のロールモデルとなる取組を創出し、その知見を広く公表して横展開を図り、我が国の2030年度温室効果ガス削減目標の達成や2050年カーボンニュートラルの実現に貢献することを目的としています。
(SHIFT事業:Support for High-efficiency Installations for Facilities with Targets)

令和4年度みやぎ二酸化炭素排出削減支援事業補助金

この事業の公募は終了いたしました
公募期間
 令和4年3月31日~5月31日
リンク https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kankyo-s/r4miyagico2.html
地球温暖化の防止及び県民の環境保全意識の高揚を図るため,県内の事業活動における二酸化炭素排出削減等の環境負荷の低減に資する設備並びに機器の設置等及び技術並びに製品の研究開発等に要する経費について,その一部を補助するものです。

令和3年度補正予算「省エネルギー投資促進支援事業」

この事業の公募は終了いたしました

公募期間 2022年3月3日(木)~4月5日(火)
リンク https://sii.or.jp/cutback03r/overview.html

現在お使いの機器に対して省エネルギー型設備へ更新する際に支援を受けられます。これから設備更新を計画のお客様!ご相談お待ちしております。

ミカド電装商事(株)は、今後も新年度に向けて各補助事業に関する情報を順次お届けしますのでご期待ください。

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする