GSユアサ社が「第7回 国際スマートグリッドEXPO」に出展します




国際スマートグリッドEXPO

GSユアサが「第7回 国際スマートグリッドEXPO」に出展いたします。国際スマートグリッドEXPOは、リード エグジビション ジャパン(株)が主催する国際商談展で、スマートグリッド/スマートコミュニティの構築に必要なあらゆる製品・技術が一堂に出展されます。

「第7回 国際スマートグリッドEXPO」

スマートグリッド(次世代送電網)とは、電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化できる送電網(グリッド=網目)のことです。供給者から需要家へ一方向で画一的だった従来の電力システムと区別し、太陽光や風力など再生可能エネルギーを利用した発電および売電、スマートメーターを介したユーザー側の情報送信、各アプリケーションからのフィードバックを活用したHEMS等xEMSの運用など、個々と全体がバランスを取り合いながら、電力システムを効率よく柔軟に運用していく考え方であり、その仕組みです。

また、スマートコミュニティは、「環境配慮型都市」とも呼ばれ、街全体の電力の有効利用や再生可能エネルギーの活用などと、都市の交通システムや住民のライフスタイル変革まで、複合的に組み合わせた社会システムをいいます。

開催は2017年3月1日(水)~3日(金)。GSユアサ社のブースは東京ビックサイト 西ホール W11-20です。大きなイベントなので、GSユアサ代理店である当社でも、期間中に担当者が見学に行く予定です。みやげ話を社員一同、楽しみに待っています!


※ミカドONLINEは蓄電池設備などの電源システムと経営に効果のあるエネルギーマネジメントを東北7県でご提案するミカド電装商事(GSユアサ代理店)がお届けしております。

生産コスト×耐久性=御社に最適なシステムのご提案は実績多数の当社へ!

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする