129号◆編集部より◆日用品不⾜

新型コロナウイルスの感染予防として各所様々な取り組みが行われております。小中高では休校になりました。ミカド電装商事が所属するエースユナイテッドグループの事業会社で、ソシオス・イー・パートナーズ株式会社が運営する小学生向けプログラミングスクール『プロスタキッズ』でも3月2日(月)より当面の間休校となりました。

これに伴い、家庭学習をする子供たちの食事の準備で食材を購入されているご家庭もあるようです。ティッシュペーパー、トイレットペーパーなど日用品も店頭から消えてしまいました。同様にアルコール消毒薬不⾜も問題となっております。

2019年12月に記事にしました次亜塩素酸水、正式名称は「微酸性電解水」と言いますが弊社では生成するコアクリーンを設置しており日常の清掃等に使用しております。この度、スプレーボトルを大と小2本を全社員分購入し微酸性電解水を注入し配布しました。

大きいボトルは自宅へ持ち帰ってもらい、ドアノブ、テーブル、椅子、電話機やスイッチ等の除菌、消臭に、小さい方は携帯し、営業車や工務車両で利用できるようにしました。感染拡大を防止するうえでも各自で対策が必要ですよね。

又弊社では10:00 / 11:55/ 15:00 / 17:55 の計4回社内の窓を開けて空気の入れ替えを実施しております。

先日、多賀城市内にあるイオン多賀城店に行きましたら入り口にアルコール消毒液と微酸性電解水両方が並んで設置されていました。

弊社で導入しております「微酸性電解水」についてのウィキペディアの記事とウィルス研究者の見解を紹介します。微酸性電解水ウィキペディア

微酸性電解水協議会」より
【新型コロナウイルス対策における微酸性電解⽔の有⽤性について】http://bisan.fwf-aew.jp/images/tsusin.pdf

政府の感染症対策の基本方針も合わせてご覧ください。

♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

ニックネーム(任意)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする