96号◆編集部より◆復興マラソンで選手にタッチ!

<PR>バックアップ電源・太陽光・エネルギーマネジメント



この記事はエネルギーマネジメントのミカド電装がお届けしています


東北・みやぎ復興マラソン2018が10月13日(土)、14日(日)開催されました。
マラソン大会で二日間?!と思う方もいるかとおもいます。

13日(土)は車イスジョギングと親子ペアマラソンの2種目。
14日(日)はフルマラソンです。
https://fukko-marathon.jp/index.html

「東北・みやぎ復興マラソン」は、被災地の“いま”を継続して日本全国、さらには世界へ発信する大会を目指し、再び宮城県沿岸部の名取市、岩沼市、亘理町を舞台に、第二回大会を開催したそうです。コースも昨年と微妙に変わっているそうです。(復興工事の進捗により選定しているそうです。)

ゲストランナーも走りだけじゃなく、沿道の声援にこたえてくれていました!!
うれしいですよね(にゃー!!)
元マラソン選手の有森裕子さんがゴール付近で選手にタッチしているのも印象的でした。

スタートとゴール地点となっている海浜緑地公園。我が家は大変お世話になりました。子供たちが小さい頃は、この公園の遊具で遊び、ボール遊びや自転車持参で一日中クタクタになるまで遊んだ思い出があります。

かつては東北の湘南と呼ばれた海岸線の道路。かつての賑わいを取り戻すべく東北のおいしいものも勢ぞろいでした。
https://fukko-marathon.jp/event2018/marche.html

前に進んでいることの実感できるこの大会は今後の楽しみの1つでもあります。全国から参加いただいた皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
以上、ササキでした。

♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった



当社PR





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする