若者用語の基礎知識「バズる」※アンケート有

trim_若者用語の基礎知識アンケート
みかドン ミカどん世代間のギャップを埋めオジサン・オバサンと若者たちの話題作りと交流に貢献する(?)新シリーズです。アンケート形式にしてみましたので、ぜひ気軽にご回答ください!

バズる

皆さんは「バズる」という言葉は聞いたことがありますか?パズルじゃないですよ、バズるです。

バズる」とは、ウェブ上で、ある特定の事柄が大いに話題になる。特に、SNSを通じて短い期間に大勢に人たちがその話題を拡散したり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指します。

言葉の雰囲気は「急上昇検索キーワード」によく似ていますが、口コミでの広がりを指すため、現在では主にツイッターなどのSNSを介して急速に情報が伝搬し、話題が沸騰している状態を指すようです。

元々、バズは「蜂がぶんぶんと飛ぶ音」という意味で、人の口から口へと伝えられていくマーケティング手法です。

かつてのIT業界では「クラウド」「IoT」「AI」などがバズワードとされていましたが、それを動詞にして「バズる」という表現をつかった場合はもうちょっと俗っぽく、若者寄りの気軽な語感です。

カナダの人気アーチスト ジャスティン・ビーバーがツイッターで「お気に入り」と紹介したことから世界的規模でバズって大ブレークしたのがあのピコ太郎さんというのは、皆さんもご存知ですよね。

また、1Kgのオニギリが注目を浴びて、現在もバズり続けている「キッチンDIVE」の以下の記事も大変参考になると思います。

【1kgおにぎり】ネットでバズりまくってる弁当屋、なぜ話題になった?

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする