【ヒストリー】20.電子レンジ ~ミサイルと自転車~

電子レンジはアメリカの軍需製品メーカーである
レイセオン社で偶然をきっかけに生まれた製品です。

レーダーの担当技術者がマイクロウェーブを照射する
マグネトロンという機器の前に立った時に、
ポケットのチョコレートが溶けていることに気が付きました。

そこから、レーダーのマイクロウェーブが
食品の加熱にも利用できることがわかり、
同社が1947年に売り出した
「レーダーレンジ」という商品が
世界で初めての電子レンジとなりました。

しかし出力が大きく大型で高価な上に
配管工事も必要だったため、あまり売れませんでした。

そのレイセオン社のマグネトロンをモデルに、
国産1号機の電子レンジを1959年に開発したのが東芝です。

東芝が開発した電子レンジは
市販品ではなく防衛庁に納入されたもので、
翌1960年には国鉄のビュッフェ用にも採用されましたが、
設計はレイセオン社のマグネトロンを分解し、
正確に計測する方式だったため量産はされませんでした。
また大きさも冷蔵庫のようなサイズでした。
↓↓↓
https://www.mikado-d.co.jp/wp/backup_47#2

一方、同じころにレイセオン社と日本無線の
合弁会社として新日本無線株式会社が発足し、
マグネトロンの小型化に成功しました。

それを採用して家庭用電子レンジの
商品化に取り組んだのが松下電器とシャープです。

やがてレイセオン社の基本特許が切れる
1960年代後半になると
各社がマグネトロンの自社生産を開始し、
小さくなって価格も下がった電子レンジは、
参入するメーカーも増えて、
次第に普及し始めました。

そして日本製の小型電子レンジは
世界を席巻するまでになりました。

ちなみに電子レンジの「チン」という終了音を
最初に付けたのはシャープです。

「せっかく温まった食べ物が
冷めないようにタイマー終了の合図が欲しい」
という要望を受けて、
自転車のベルをヒントにしたそうです。

トマホークやパトリオットなどの
ミサイルをつくっている会社で開発された
電子レンジが日本で小型化し、
自転車のベル音が搭載されて
本国アメリカに大量に輸出されるというのも
面白い歴史ですね。

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする