【ヒストリー】07.水力発電所①~豪邸にあかりが灯った日~

世界初の水力発電所は1882年に運転を開始した
米国ウィスコンシン州アップルトンの発電所です。
それもまたエジソンによるものでした。

アップルトンの裕福な実業家で
地域のガス灯会社の社長でもあったヘンリー・J・ロジャースは
エジソンの発電事業に興味を持ち
これは利益になると考えました。

そして投資家を募りアップルトン・エジソン・ライト社を設立し、
エジソンから設備を購入して
市内を流れるフォックス川に初めての水力発電所をつくりました。

電気はロジャースの製紙工場を含めた
2つの製紙工場とロジャースの自宅に送られ、
地元紙はその様子に畏敬の念を込めて
「日中のように明るい」と表現しました。

ロジャースの豪奢な自宅は
ビクトリア朝を思わせる外観や内装だけでなく、
初めて電気を引いた個人の私邸として
今では地域の名所になり歴史的建造物として保存されています。
https://homepage-town.jp/mikado-d/reference/201409.html#history

アップルトンの水力発電所は当初、
水の流れで変化する電圧を調整できず、
明かりの輝度が落ちたり逆に燃え尽きたり、
ショートも頻繁に起こりました。
また、使用電力量を測定する仕組みがまだなく、
料金は契約者の照明個数に応じた月額の固定料金でした。

それらは順次改善され、
当時、火力よりも効率がよく
安定性の高かった水力発電所は
この頃から米国の各地でつくられるようになりました。

ですが、水力発電所の建設は地理的な条件が限られ、
需要地域から離れていることも多く、
今度は送電の距離と品質が新たな課題となってきました。

エジソンが考案した電力配給システムは
電気を遠くまで送ることができない直流式だったため、
送電距離に優れる交流システムを開発した
ライバルに敗北するのは前に書いた通りです。

その背景には電気需要の高まりと、
発電所の供給エリアの広域化がありました。

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする