【ヒストリー】03.発電機の誕生は逆転の発想から

発電機の歴史は、
1820年のエルステッド(デンマーク)の発見から始まります。
エルステッドは針金に電気を通すと磁石の針が振れた事から、
電気と磁気に明確な関係があることに気が付き、
この重要な発見はヨーロッパ中に広まりました。

発電機の最初の原型はファラデー(英)がつくった実験装置です。
ファラデーは前述のエルステッドの発見の翌年(1821年)、
すでに磁針の動きを回転運動に変えた
世界初の電動機を発明していましたが、
その後、電気が磁力を生み出すならば
逆に磁力から電気を生み出せないか?と考えました。

そしてコイルの空間に棒磁石を出し入れする実験から
1831年に電磁誘導の法則を発見しこれが発電機の原型となりました。

発電機を初めて実用化したのはピクシー(仏)です。
ピクシーの発電機(1832年)はコイルを固定し、
わずかに離したU字形の磁石を手で回転させるものでした。

ピクシーの発電機は主に医療や見世物で使われる程度でしたが、
それまでは街灯などの電源も
高価だった蓄電池を使うしかなかったため、
電気を安価に安定して作り出せるようになった成果は大きく、
この頃から研究の面でも産業の面でも
電気を取り巻く技術は飛躍的に発展していきました。

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする