バックナンバー 第39号(2015.01.26)

◆◇◆◇◆ミカド電装商事がお届けするオンライン情報◆◇◆◇◆
     https://goo.gl/qjVPy9


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第39号(2015.01.26)△△△
◆◇◆目次◆◇◆
【1】ご挨拶
【2】今月のバックアップ情報
1. 未来に向かう発電技術~①空中浮遊型風力発電~
2. 法則の法則 Season2「ケプラーの法則」
   ~非常識が生んだ常識~
3. 今月の雑学 「はこう! 鬼のパンツ」
【3】社員紹介 「鎌形悦久 営業部 課長」
【4】編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ご挨拶

◆ミカド電装商事株式会社 代表取締役 沢田元一郎

皆さま、いつも当社をご指導、ご支援くださり有難うございます。
平成23年11月より、オンライン情報「バックアップ」を開始致しました。
毎月1回の配信を原則とし、蓄電池、屋外照明器具、省エネをキーワードに
情報をお届けしていきたいと思います。
皆様のお役に立てるよう、努力してまいりますので、何卒よろしく
お願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】今月のバックアップ情報

┏━┓
┃1.未来に向かう発電技術~①空中浮遊型風力発電~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回からは未来に向かう新しい発電技術を
3回シリーズでお届けします。
第1回目の今回は「空中浮遊型風力発電」です。
   *    *    *    *    *

再生可能エネルギーという言葉が
最近では随分浸透してきたと感じますが、
昨年の12月にソフトバンクが
アルタエロス・エナジーズ社
(マサチューセッツ州。以下、アルタエロス社)に
700万ドルの出資を行うというニュースが発表されました。

アルタエロス社はマサチューセッツ工科大学出身者が
2010年に設立したベンチャー企業で、
空中浮遊型の風力発電を開発している会社です。

風力発電と言えば大きなプロペラの付いた
発電機を思い浮かべますが、
アルタエロス社の空中浮揚型風力発電機は
従来のものとは違い、飛行船のような形状をしています。
↓↓↓
https://homepage-town.jp/mikado-d/reference/201502.html#01

Buoyant Airborne Turbine(BAT, 浮揚型空送タービン)
と名付けられた風力発電機は、
直径約20メートルのドーナツ型。

タワー型風力発電機よりも高い、
最大高度2000メートルの空中にヘリウムを使って浮かべ
中央空洞部の3枚の羽で発電します。

強い風が吹く上空に気球を浮かべれば、
地上よりも安定した発電量が見込め、
600メートル上空での発電量は、
地上の2倍にもなるそうです。

商用化を探る最新型は発電能力最大200キロワット。
150世帯分の年間消費電力をまかなえ、
発電コストは1キロワット時15~18円と、
日本の太陽光発電の半分以下とのことです。

地上工事が必要ないBATは、
タワーを建設できないところでも利用できるため、
僻地等の電力コストを大幅に下げ、
代替アンテナとして
通信サービスを提供することもできます。

遠隔地への機器装置の搬入も容易であることから、
アルタエロス社では送電網のない地域や
大規模農園、採掘場、難民キャンプなどでの
利用を見込んでいます。

ソフトバンクは、東日本大震災の教訓を生かそうと、
係留気球を用いた携帯電話中継システムの
開発を進めていましたが、
新事業として空中で発電するとともに
携帯電話の通信基地局として運用する
実用化の可能性を踏まえて、
同社の事業を支援することにしたようです。

空中の風力を利用した発電装置は、
ほかにも飛行船型のものや、凧型、気球型など、
過去にも色々考え出されていますが、
まだ実用化には至っていません。(2015.01現在)
↓↓↓
https://homepage-town.jp/mikado-d/reference/201502.html#02

雷や台風・竜巻などの対策、
高さによって長い電源ケーブルが必要になることなど、
まだ課題はありますが、
ソフトバンクでは2015年に
技術を実用化したいと考えており、
年内には「世界初」のニュースを
聞くことができるかもしれませんね。


┏━┓
┃2. 法則の法則 Season2
┃ 【ケプラーの法則】~非常識が生んだ常識~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

惑星の動きを表す3つの法則です。

ドイツの天文学者ケプラー(1571-1630)は、
師のティコ・ブラーエが観測した膨大なデータを
時間をかけて詳細に分析し、
(第一法則)
それまで正円であると信じられていた惑星の軌道が、
「太陽を焦点のひとつとする楕円である」
ことを発見しました。

また、
(第二法則)
「惑星と太陽を結ぶ動径の描く面積速度は一定である」
ことを発見し、太陽に近付くと速くなり、
離れると遅くなる惑星の速度変化も
この法則で論理的な説明を可能にしました。

※面積速度に関してはこちらをご覧ください。
↓↓↓
https://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0320a/contents/rekishi/answer06/index.html
(独立行政法人科学技術振興機構 理科ねっとわーく<一般公開版>より)

ケプラーはその後も計算に計算を重ね、ついに
(第三法則)
「惑星の公転周期の二乗は軌道の長半径の三乗に比例する」
ことを数式として明らかにしました。

ケプラーが電卓などない時代に
面倒な計算を辛抱強く何年も続けた背景には
宗教上の信念がありました。

彼は”自然界には神が与えた整数の秩序がある”
と信じて法則の発見にこだわったのです。

科学では非常識から真実が
生まれることもよくあります。

ケプラーが惑星の動きを解明したことで
地動説がゆるぎないものになり、
今では「地球が動いている」のは常識となりました。


┏━┓
┃3.今月の雑学 【はこう! 鬼のパンツ】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

節分の豆まきの主役といえば鬼。

私たちがイメージする鬼は、
2本の角とトラのパンツが特徴的ですね。

鬼がその姿で描かれるようになったのは平安時代。

当時不吉な方角とされた丑寅(うしとら;北東)を
「鬼門」と呼んだことから
「牛の角」と「トラの毛皮」が鬼を表すことになったのだとか。

それ以前の鬼は語源の「おぬ(隠)」が示す通り、
数々の厄災をもたらすが姿を見せない、
大変恐ろしい存在だったようです。

鬼は角とトラのパンツを手に入れたことで、
どことなく親しみのある存在になり、
「泣いた赤鬼」「鬼のパンツ」などの
名作が生まれたわけですね。

東北の皆さんにはおなじみの、
でん六の鬼の面。
今年は「カブキ鬼」でSETSUBUNを
世界に発信するそうですよ。
↓↓↓
https://www.denroku.co.jp

<おまけ>
この季節にぴったり。
ユーモラスな鬼が大活躍する「かぜたろう」はこちら
↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=fLkziEncY7g

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】社員紹介

今回は鎌形悦久(かまがたよしひさ)営業部 課長です。
↓↓↓
https://homepage-town.jp/mikado-d/reference/201502.html#staff

「入社して20年です。当社の電源装置はいわゆるカタログ製品ではなく、
個々のお客様の仕様に合わせる受注生産品ですので、納期に間に合うよう
スピーディな対応を心がけ、お客様からのご依頼にも早め早めに回答する
ようにしています。

趣味はオートバイでのツーリングです。
最近は、愛車のヤマハSR400に乗って山中湖や岐阜県高山などで開催される
SRのイベントやミーティングに参加しています。
インターネットで知り合った同じ車種を愛する仲間達と各地のイベントで集い、
交流を深めています。現地でぎりぎりまで楽しんでいるため、帰りの東北道を
走っているころには日付が変わっていることもしばしばあります。
今年は、福島県いわき市でも、SRの大きなイベントが開催されるので非常に
楽しみです。」

(編集部より)
愛車のヤマハSRは36年前に発売されて、今も新車で売り出されている車種だそうです。
お仕事のお話も趣味のお話も言葉を選びながら、丁寧に誠実に教えていただき勉強に
なりました。ありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】編集後記

もうすぐバレンタインデーですね。
女性陣はプランを立てたり買い出しにと大忙ですよね?

日本では女性から男性に贈り物をするのが当たり前ですが、
欧米では逆が主流とか。
んー、ここは欧米式に1票!(笑)

大昔ですが同級生(女子)から
チョコレートを頂いたことがありました。

突然のことでただただ茫然。
きっとその方にとって私は
男らしく映っていたのでしょう (汗)

ですが異性同性に関わらず
気持ちを贈り合うというのは良いものですよね^^
今年は贈ってみようと思います^^
(今 美由紀)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆このメールマガジンは、当社社員が名刺交換をさせていただい方、
ホームページより資料請求・お問い合わせいただいた方にお送りしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行:ミカド電装商事株式会社
 〒984-0051 仙台市若林区新寺3丁目4-30
 TEL.022-256-8191 FAX.022-291-5403
 ミカド電装HP→https://goo.gl/qjVPy9
 大型リチウムイオン電池専用HP→https://www.mikado-d.co.jp/cp/
 編集:沢田元一郎・今美由紀・笹崎久美子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇メール配信停止、メールアドレスの変更をご希望の方はこちら
https://www.mikado-d.co.jp/register_st2.html

記事内容へのお問い合わせ・その他ご意見は
「backup@mikado-d.co.jp」宛てにお寄せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇このメール配信サービスは無料です。
◇毎月1回の定期配信に加え、ミカド電装商事からのお知らせを不定期に配信する場合が
ありますので、あらかじめご了承ください。
本メールマガジンの第三者への転送、Webサイトなどへの再掲載はお断りいたします。
また「バックアップ」の著作権は、ミカド電装商事㈱およびその情報提供者に帰属するため、
掲載記事を許可なく転載することは禁じます。

<<前の記事へ 次の記事へ>>
  • ミカドオンライン
  • 太陽光発電設備メンテナンス
  • 採用情報
  • 補助金対象 蓄電システム
  • 協業パートナー企業募集
  • 無償点検サービス
  • LEGA
  • 社長ブログ
  • メールマガジン