バックナンバー 第40号(2015.02.23)

◆◇◆◇◆ミカド電装商事がお届けするオンライン情報◆◇◆◇◆
     https://goo.gl/66FdqC


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第40号(2015.02.23)△△△
◆◇◆目次◆◇◆
【1】ご挨拶
【2】今月のバックアップ情報
1. 未来に向かう発電技術~②宇宙太陽光発電~
2. 法則の法則 Season2「ハッブルの法則」
   ~宇宙は膨張している!~
3. 今月の雑学 「あられ甘いかしょっぱいか」
【3】社員紹介(最終回) 「沢田元一郎 代表取締役」
【4】編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ご挨拶

◆ミカド電装商事株式会社 代表取締役 沢田元一郎

皆さま、いつも当社をご指導、ご支援くださり有難うございます。
平成23年11月より、オンライン情報「バックアップ」を開始致しました。
毎月1回の配信を原則とし、蓄電池、屋外照明器具、省エネをキーワードに
情報をお届けしていきたいと思います。
皆様のお役に立てるよう、努力してまいりますので、何卒よろしく
お願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】今月のバックアップ情報

┏━┓
┃1.未来に向かう発電技術~②宇宙太陽光発電~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

未来に向かう新しい発電技術を
3回シリーズでお届けします。
第2回目の今回は「宇宙太陽光発電」です。

   *    *    *    *    *

2月15日、TBS系の「夢の扉」という番組で、
宇宙太陽光発電の研究に取り組む京都大学教授
篠原真毅さんの映像が紹介されました。

高度36,000kmの宇宙空間に、
巨大なソーラーパネルを設置して太陽光を集め、
宇宙で作られた電気を地球に送るという壮大な計画です。↓↓↓
https://homepage-town.jp/mikado-d/reference/201503.html#01

「宇宙衛星から電気を送信」と聞くと
未来少年コナンを思い出しますが、
現実にはアニメの世界だけでなく、
2013年1月の「宇宙基本計画」や
2014年4月に閣議決定された
「エネルギー基本計画」にも盛り込まれ、
宇宙太陽光発電は国の施策として推進されています。

これを受けて産学官の取り組みが新たに始まり、
経済産業省や三菱電機などが参加して、
昨年12月から京都大学で
電気を電波に変えて無線で送る
地上送電実験が始まりました。

高度36,000㎞は地球が3個入る高さです。
そのため昼夜の影響を受けず天候にも左右されないので
24時間の発電が可能です。

しかも宇宙には大気による光の散乱や吸収がなく、
ソーラーパネルに当たる太陽光のエネルギーは、
地上の5~10倍にも上ります。

計画によると
静止軌道上に設置されるパネルは2.5㎞四方。
そこで発電した電気を、
海上などにつくった直径4㎞ほどの地上受信装置へ
マイクロ波で伝送します。
パネルも受信装置も、とても広い面積なんですね。↓↓↓
https://homepage-town.jp/mikado-d/reference/201503.html#02

この技術は米国の宇宙工学者、ピーター・グレーザー氏が
1968年に提唱し、米国、欧州でも
様々なアイデアが生まれましたが、
財政上の問題や政策上の方針などで
国としての研究はなくなり、
日本だけが開発を継続してきたものです。

電波は電気の波なのでエネルギーを運びます。
それを受信し電気に変換するのがレクテナという装置です。

レクテナ(rectenna)はrectifying(整流)と
antenna(アンテナ)を組み合わせた造語で、
マイクロ波のエネルギーを
直流電流に整流変換するデバイスです。

そのため用途は宇宙に限らず、
日常生活でのワイヤレス給電でも活用が期待されています。↓↓↓
https://homepage-town.jp/mikado-d/reference/201503.html#02

日本電業工作はボルボテクノロジー・ジャパンと共同で
4m離れた場所へ10kW級の電力を
無線伝送する技術をすでに開発しており、
このレクテナは京都大学でも使われて
2012年に電力伝送に成功しました。

つまりエネルギーを無線で送る原理は
すでに実証されており、
現在、日本はこの分野で世界をリードしているのです。

電子レンジの加熱にも使われるマイクロ波ですが、
広大な面積で受電するので電波の力は弱くなり
人体への影響はほとんどないと言われています。

しかし、宇宙から地球に電気を送るためには
解決しなくてはならない課題がほかにもたくさんあり、
実際の実用化はJAXAが目標に掲げている2030年代よりも
もっと先では?ともいわれています。

技術的な課題や安全の面だけでなく、
何よりも重量のある設備の打ち上げと設置に、
巨額の費用がかかることが最大のポイントです。

試算によれば原子力発電所1基分に相当する
100万キロワットの発電能力を持つ
衛星1基のコスト目標は衛星打ち上げ費用込みで
ざっと1.2兆円、
発電した場合のコストは1kw当り数百円になるとのこと。

まだまだ先の技術ですが、番組では篠原教授が
「自分が生きているうちには実現しないかもしれない。
でも次の世代、次の世代と夢をつないでいってほしい」
と穏やかに、けれど確かな口調で語っていたのが
大変印象的でした。


┏━┓
┃2. 法則の法則 Season2
┃ 【ハッブルの法則】~宇宙は膨張している!~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

天体写真で知られるM31は、
かつてはアンドロメダ大星雲と呼ばれていましたが、
現在ではアンドロメダ銀河と呼ばれています。
↓↓↓
https://goo.gl/kWaEMD

M31は1920年代に私達の銀河系の外にある
別の銀河であることがわかったため、
近年、正確を期して、
馴染みのある「星雲」よりも、
次第に「銀河」のほうが使われるようになりました。

この発見をしたのは、
アメリカの天文学者ハッブル(1889-1953)です。

ハッブルはアンドロメダ星雲に属する
ある星の絶対光度と実視等級の違いから、
アンドロメダ星雲までの距離が
銀河系全体の大きさ(3万光年)よりも
はるかに遠い(90万光年)ことを明らかにしました。
(現在では230万光年に訂正されています)

ハッブルは様々な星のスペクトラムを調べているうちに、
水素やヘリウムなどの存在を示す箇所が
本来よりも赤色のほうに偏って現れる事に気付きました。
それが遠い星ほど大きいのです。

光も音と同じようにドップラー効果があり、
観測者との距離で周期が変わるため、
ハッブルは銀河は離れている星ほど
高速で遠ざかっていると判断し、
「その速さは私達とその銀河までの距離に比例する」
とするハッブルの法則を導き出しました。

これは未来永劫変わらないと思われていた宇宙のイメージを
根底から覆す大発見となりました。


┏━┓
┃3.今月の雑学 【あられ甘いかしょっぱいか】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3月3日はひな祭り。

我々男性は「花より団子」、
ひなあられに目が向いてしまいますね。

女の子のお祭りに出される、
紅白や緑色、ほのかに甘く味付けされたひなあられは、
「うま◯棒」など男子のお菓子にはない華やかさがあり、
この時期しか食べてはいけない「禁断の味」だった、
と言ったら言いすぎでしょうか(笑)。

しかし東北男子のみなさん、
気を確かに持って聞いていただきたいのです。

あのひなあられは関西に行くと、
形こそ小さく丸いものの、
醤油味や塩味の普通のあられになってしまうのです。

東北男子にとっては、
ひな祭りへの幻想が音を立てて崩れていきそうな事実ですが、
関西の男子のみなさんにとって
ひなあられはどういった存在なのか
ちょっと聞いてみたいですね。

(おまけ)
さらに驚愕の事実をお伝えしますと、
名古屋の雛あられは「紅白の円柱形」。

きしめん、ういろうなど、
さすが東西文化の中心で独自路線をつらぬく都市名古屋。
お味はほんのり甘いんだそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】社員紹介

今回は最終回。最後はもちろん沢田元一郎社長です!
↓↓↓
https://homepage-town.jp/mikado-d/reference/201503.html#staff

「仙台出身です。大学を卒業して勉強のためGSユアサの前身である日本電池に
嘱託社員として入社しました。日本電池時代は仕事への考え方や取り組み方を
教えてくれた先輩とのいい出会いがあり今も交流が続いています。
3年後にミカド電装に入社して主に防災無線関係の営業を担当し、36歳で社長を継ぎました。

趣味は読書と料理です。料理は家族との時間を大切にしたいと思って始めましたが、
初めてつくったパスタが娘に非常に喜ばれ、『これは楽しい』と思って以来、
今も毎週土日は必ずつくっています。
自慢のベスト3はミートソース、グラタン、ブリ大根で、ソースや出汁も一からつくります。
自分で言うのもなんですが美味しいと思いますよ(笑)、レストランに出しても大丈夫! 」

(編集部より)
社員紹介はこれが最終回です。
読者の皆様へ社長より「当社の社員がご訪問した際にはぜひ思い出してください」という
メッセージがありました。私も同じ気持ちです。そのときはどうぞよろしくお願いいたします。
尚、次回からは新シリーズを始める予定です。お楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】編集後記

この春、かつてお世話になった上司がご退職されます。
新卒で学生気分が抜けきらない私を
大変熱心にご指導くださいました。

この方との出会はその後の社会生活に
大きな影響を与えてくださいました。

先日、改めて心からの感謝の気持ちを
伝えることがでて嬉しく思っています。

この春、ご退職される皆様!本当にお疲れ様でした。
きっと感謝している方が大勢いらっしゃると思います。
これからはまた新たな楽しみに向かって
素敵な時をお過ごしください^^
(今 美由紀)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆このメールマガジンは、当社社員が名刺交換をさせていただい方、
ホームページより資料請求・お問い合わせいただいた方にお送りしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行:ミカド電装商事株式会社
 〒984-0051 仙台市若林区新寺3丁目4-30
 TEL.022-256-8191 FAX.022-291-5403
 ミカド電装HP→https://goo.gl/66FdqC
 大型リチウムイオン電池専用HP→https://www.mikado-d.co.jp/cp/
 編集:沢田元一郎・今美由紀・笹崎久美子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇メール配信停止、メールアドレスの変更をご希望の方はこちら
https://www.mikado-d.co.jp/register_st2.html

記事内容へのお問い合わせ・その他ご意見は
「backup@mikado-d.co.jp」宛てにお寄せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇このメール配信サービスは無料です。
◇毎月1回の定期配信に加え、ミカド電装商事からのお知らせを不定期に配信する場合が
ありますので、あらかじめご了承ください。
本メールマガジンの第三者への転送、Webサイトなどへの再掲載はお断りいたします。
また「バックアップ」の著作権は、ミカド電装商事㈱およびその情報提供者に帰属するため、
掲載記事を許可なく転載することは禁じます。

<<前の記事へ 次の記事へ>>
  • ミカドオンライン
  • 太陽光発電設備メンテナンス
  • 採用情報
  • 補助金対象 蓄電システム
  • 協業パートナー企業募集
  • 無償点検サービス
  • LEGA
  • 社長ブログ
  • メールマガジン